So-net無料ブログ作成

ガラス越しの攻防 [ライブ]

762933358_18.jpg

奥:食べ物ヨッコセイ老犬ジュリー
手前:ダンボになりきれなかったメガネ男

(※うまさんより勝手に拝借、サンクス)

[お知らせ] 原田博行with SIESTA 初秋のミニツアー [ライブ]

何人かにはお声をおかけしましたが、
「原田博行 with SIESTA」のライブのお知らせです。

語り弾きスタイルで歌い続けるシンガーソングライターの「原田博行」
バイオリンとアコーディオンでフランスの街角を再現する「SIESTA」

この2つの世界が出会って誕生したユニット
「原田博行 with SIESTA」がお届けするのはとても不思議な
「フレンチフォーク?」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/frenchfolk/

今回はいつものcafe SIESTAに加えて、青山・下北沢でもライブを行います。

いずれも席の数が限定されていますので、お早目のご予約お願いいたします。
>知り合いの方へ
私まで連絡いただければ、(満席でなければ)お席のほうを予約しておきます。

○10/3(土)原田博行 with SIESTA @横浜 仲町台 cafe SIESTA お席には余裕がございます
場所:カフェ・シエスタ(横浜市営地下鉄「仲町台」駅徒歩1分)
    http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/cafesiesta/cafesiesta.html
時間:18:00 オープン / 19:00頃 スタート
   (なるべく18:30頃までにご入店下さい)
料金:2000円 + ご飲食代
要予約:siesta@mva.biglobe.ne.jp
電話予約:045-944-3454(CAFE SIESTA 14:00~24:00 不定休)

○10/4(日・昼)原田博行 with SIESTA @ 東京 青山ティーファクトリー 残席少
場所:青山ティーファクトリー(地下鉄 銀座線外苑前駅徒歩2分)
   (東京都港区南青山2-12-15 南青山2丁目ビルB1)
http://www.a-teafactory.com/index.shtml
時間: 11:00 オープン / 11:30 スタート
料金: 3000円(紅茶・軽食付き)
要予約:電話もしくはメールにて、お名前と人数をお伝えください。
電話  03-3408-8939(青山ティーファクトリー)
メール aoyama091004@acacia.jp(担当クリハラ) 
備考:22名限定になります。
   お座席につきましてはご指定することもございます。

○10/4(日・夜)原田博行 with SIESTA @ 下北沢 リトルサイゴン 残席少
場所:リトル・サイゴン(ベトナム料理屋)
   http://plaza.rakuten.co.jp/littleSAIGON/
時間:18:00 オープン / 19:00 スタート
料金:2500円(ベトナム料理付き)+ ドリンク代
要予約:sdlls2@ybb.ne.jp
電話予約:03-3414-0076(リトル・サイゴン )

以下は、今年3月の京都、おやつ新報(お菓子のアトリエ)でのライブの様子です。
プロモーションビデオもオフィシャルのページにありますのでご覧くださいませ。




6/3 のる歌(か)そる歌(か)@下北沢440 [ライブ]

マドモアゼル玲とシノブプレ
→〝さげまんのタンゴ〟で客が引き気味の妙な空気を醸し出してて、
  ある意味、面白かったです。

うつみようこ+奥野真哉+佐藤研二+藤掛正隆
→トリ。
 うつみさんは、坊ちゃん刈りに大きめのメガネのおばちゃん(失礼)。
 おしゃれなボーカルかな?
 いやいや、パワフルなボーカルで、
 キャロルキングとかイーグルス、ビートルズをファンキーに歌いこなす方でした。
 客席の真ん中で踊ってる人がいたけど、気持ちは分かる。場所が場所なら酒かっくらって踊りたい(笑)。
 この人、何モン?
 と思って帰って調べたら、メスカリン・ドライヴ~ソウル・フラワー・ユニオンという経歴の持ち主。
 ちゃんと歴史を刻んできた人は強いなあ、そして、関西弁丸出しのトークも強いなあ(笑)。
 いいもの聴いた。また、聴いてみたい。
 keyの人はソウル・フラワー・ユニオンのメンバーですね。

ソウル・フラワー・ユニオン繋がりといえば、桃梨も結構面白くて、ベースが三味線みたいな感じが印象的。
そういえば、桃梨のJIGENさんは頭脳警察だし、この日も頭脳警察歌ってる人いたな。
ああ~、人がぐるぐる回ってるよね。
なんだかんだであちこち繋がってるから面白い。
チャンチャン。

今頃、2008 行ったライブを振り返る [ライブ]

リストしっぱなしだったので、今頃今頃ちょっと振り返ります。

8月くらいからグッとペースが上がってるのはきっと気のせいです。
いろいろ行ったような気もするけど、やっぱり偏ってるな、という気もする一年でした。
原田博行 with SIESTA / a qui avec Gabriel / 柴草玲
が多いけど、原田さん関係が一番多いよう。

01. 1/6 小野寺あやのetc.@恵比寿 天窓.switch
02. 1/12 SIESTA@横浜 仲町台 cafe Siesta
03. 1/26 原田博行 with SIESTA@京都 陰陽
04. 1/27 原田博行 with SIESTA@京都 BASE by ELEPANT
05. 2/22昼 京都町内会バンド@吉祥寺 Star Pine's Cafe
06. 2/22夜 京都町内会バンド@吉祥寺 Star Pine's Cafe
07. 2/23 なぎら健壱+OWN RISK@吉祥寺 MANDA-LA 2
08. 2/24 原田博行 with SIESTA@横浜 仲町台 cafe Siesta
09. 3/1 a qui avec Gabriel etc.@早稲田 Cat's Cradle
10. 3/2 遊佐未森@青山 草月ホール
11. 3/29 なぎら健壱+OWN RISK@吉祥寺 MANDA-LA 2
12. 3/30 SIESTA@調布 蛯澤珈琲店
13. 4/5 原田博行 with SIESTA@横浜 仲町台 cafe Siesta
14. 4/18 a qui avec Gabriel etc.@高円寺 Penguin House
15. 4/20 “フレンズ・オブ・テルミン~「テルミン学習帳」発売記念イベント~” @高円寺 円盤
16. 4/26 なぎら健壱+OWN RISK@吉祥寺 MANDA-LA 2
17. 5/3 tico moon@祖師ヶ谷大蔵 Cafe Muriwui
18. 5/4 “円盤ジャンボリー”@渋谷 o-nest
19. 5/11 Pochakaite Malko@吉祥寺 Sliver Elephant
20. 5/18 “雪月花”種ともこ/柴草玲@渋谷 7th Floor
21. 5/31 原田博行 with SIESTA@横浜 仲町台 cafe Siesta
22. 6/1 KBB/interpose+@吉祥寺 Star Pine's Cafe
23. 6/7 にせんねんもんだい@渋谷 LE DECO
24. 6/14 SIESTA@横浜 仲町台 cafe Siesta
25. 6/21 柴草玲 etc.@下北沢 440
26. 6/22 原田博行 etc.@渋谷 7th Floor
27. 6/28 a qui avec Gabriel etc.@下北沢 city country city
28. 7/4 a qui avec Gabriel etc.@高円寺 Penguin House
29. 7/6 遊佐未森@浅草文化会館
30. 7/20昼 遊佐未森@TOKYO FMホール
31. 7/20夜 柴草玲 etc.@渋谷 青い部屋
32. 8/3昼 京都町内会バンド@吉祥寺 star pine's cafe
33. 8/3夜 京都町内会バンド@吉祥寺 star pine's cafe
34. 8/9 ERA@西荻窪 音や金時
35. 8/16 plunk's plan #39@高円寺 Penguin House
36. 8/17 ★お化け屋敷Chapter8!!!★(a qui avec Gabriel etc.)@池ノ上 Cinema Bokan
37. 8/19 小野寺あやの etc.@吉祥寺 MANDA-LA2
38. 8/22 東京艶夜(柴草玲 etc.)@代官山 晴れたら空に豆まいて
39. 8/23 柴草玲@下北沢 lete
40. 8/24 原田博行 with SIESTA@仲町台 cafe SIESTA
41. 8/30 SIESTA、表現太郎@仲町台 cafe SIESTA
42. 8/31 KBB@吉祥寺 Sliver Elephant
43. 9/6 壺井彰久@大泉学園 in F
44. 9/10 "KURAGE TRAVOLTA 2008 シノブサン ジュウナナサイの遊園地"
        (かわいしのぶ、外山明、柳原陽一郎、柴草玲)@下北沢 440
45. 9/14 asahi cafe night(ERA / Quikion)@吾妻橋 アサヒ・アートスクエア
46. 9/15 Pochakaite Malko@沼袋 サンクチュアリ 
47. 9/16 メルシー兄弟と従姉妹(山田晃士、最鋭輝、柴草玲)@下北沢 440
48. 9/21 北沢フォークチャンプルー@下北沢 440
49. 9/27 ”n i c ◎ t o p i a ”(a qui avec Gabriel etc.)@千駄ヶ谷 loop-line
50. 9/28 interpose+@新宿 Crawdaddy Club
51. 10/5 ノラオンナ@吉祥寺 MANDA-LA2
52. 10/11 「想い出のランドセル募金」チャリティーコンサート(SIESTA etc.)@高津 糀ホール
53. 10/11 JON(犬) etc.@高円寺 円盤
54. 10/12 tico moon@祖師ヶ谷大蔵 cafe MURIWUI
55. 10/18 原田博行withSIESTA@仲町台 cafe SIESTA
56. 10/19 フレンズ オブ テルミン@高円寺 円盤
57. 10/25 オオフジツボ@西荻窪 音や金時
58. 10/26 Quikion@西荻窪 サンジャック
59. 10/31 ONIKI YUJI@吉祥寺 MANDA-LA2
60. 11/1 SIESTA etc.@仲町台 cafe SIESTA
61. 11/2 柴草玲@西荻窪 サンジャック
62. 11/8 京都町内会バンド@吉祥寺 star pine's cafe
63. 11/9 KBB etc.@高円寺 mission's
64. 11/14 a qui avec Gabriel etc.@高円寺 Penguin House
65. 11/15 ERA@大泉学園 in F
66. 11/22 ささのみちる@吉祥寺 MANDA-LA2
67. 11/28 「柳家小春二人会」(guest: a qui avec Gabriel)@高円寺 円盤
68. 11/29 Quikion@下北沢 lete
69. 12/6 柴草玲 etc.@新宿 naked loft
70. 12/13 柴草玲 クリスマスライブ~婦人・ド・ノエル 2008~@ 恵比寿 天窓.switch
71. 12/14 Bondage Fruit etc.@秋葉原 club Goodman
72. 12/21 leteのコンサート@三鷹 武蔵野市民文化会館
73. 12/23 原田博行 with SIESTA@cafe SIESTA
74. 12/27 なぎら健壱+OWN RISK@吉祥寺 MANDA-LA2
75. 12/30 山田晃士~独り舞台@西荻窪 サンジャック

12/14 Uz Jsme Doma (from Czech) / Bondage Fruit @ 秋葉原 CLUB GOODMAN [ライブ]

今年行った71本目のライブ。

~Music Arts[Czech-Japan]2008~ day2
秋葉原 CLUB GOODMAN

Uz Jsme Doma(fromチェコ)
- Miroslav Wanek: guitar, keyboards, vocal
- Josef Cervinka: bass
- Adam Tomasek: trumpet, vocal
- Tomas Paleta: drums, clapping, tears
my space → http://www.myspace.com/uzjsmedoma

Bondage Fruit
- 鬼怒無月:g
- 勝井祐二:vln
- 大坪寛彦:b(electric contrabass)
- 高良久美子:vib,per
- 岡部洋一:per

大学生の頃、なにげなく“まぼろしの世界 Samples”というCDを手にしていて、
そこの中には、Bondage Fruitの楽曲も入っていました。
なぜ、コレを買ったのか不明ですが、
そのときの印象はとくにはありませんでした。
ちなみに、大学のときの体育授業の課題でその中のとある楽曲を
創作ダンスに使ったのはかなりの黒歴史です(笑)。

鬼怒さん&勝井さんはそれぞれ別のところで見たことありますが、
さて、Bondage Fruitはどんな音を出すのだろうか?とほぼ予備知識ゼロでのこの日でした。

ゲロ吐きたいくらい、格好よすぎる、というのが結論です。
もう、一曲目から背筋がぞくぞくしたのは久しぶりでした。
真ん中後ろ寄りに大坪さん
左手に鬼怒さん
右手に勝井さん
ちょっと中央空いたのが緊張感を保ってるようで、
これだけでどこか痺れてしまいそうですが、
都会の冷めた感じを高度にコントロールされたアンサンブルとして表現しているような、
もしくは、静かな湖面をゆっくりとざわつかせると同時に凍てつかせるような
という感じで、どこかストイックに駆け抜けるサウンドが格好よすぎます。
MCでは鬼怒さんがボケで、勝井さんがツッコミですが、
演奏中の鬼怒さんは名前の如しです。
エモーショナルではなく、とにかく冷徹。

Uz Jsme Domaのほうは、いろんな形容がありますが、
高速馬鹿テクアホアホバンドでした。
赤信号なんてないぜ、と言わんばかりの怒涛の疾走。
走りっぷりがすごすぎて、そこに魅かれないわけでもない(苦笑)。

それにしてもposeidon productionはチェコからバンド呼んじゃったりして、
大丈夫なんでしょうか?
チケット3000円位じゃ、どう考えてもpayしないと思うんですがね。

12/13 柴草玲 クリスマスライブ~婦人・ド・ノエル 2008~@ 恵比寿 天窓.switch [ライブ]

今年行った70本目のライブ。

柴草玲 クリスマスライブ~婦人・ド・ノエル 2008~
恵比寿 天窓.switch

出演:柴草玲、井上都紀

自称熟乙女。自称ミュージシャン。自称たたみ。
この人の引出しの中に詰まっているガラクタは
魅力的なものばかりで、心ゆらゆらさせられるものばかりです。

今年の歌い収め、婦人・ド・ノエル。
かつて、ピアノを足で弾いた人、頭で弾いた人
はたまた、水かけちゃった人はいましたが、
第一部では、気まぐれ堕天使風のお姿で、
ピアノの天蓋に座ってアコーディオン演奏となりました。
(さすがに、閉じる部分に補強はしてありました。)
こういうときであっても、“さげまんのタンゴ”は外さない、
なんというかいやはや。むしろ、軍艦マーチ風になってました。

そのまま第二部はしっとりとピアノでの演奏。
後半にプロジェクターで事前に撮った映像の柴草さんとの語り。
映像の中では、どこか気だるい様子で
「どうすんのよ、ねぇ、これからどうするの?」
と演奏している柴草さんへと語りかける。
映像の中では醒めてるような、達観しているような様子でありながら、
ピアノの前の柴草さんは何か抵抗しているようで逃げてもいるような、そんな対比。
目の前にいる人よりも、映像の中の人が何を抱えているのだろうか、
と思いつつ、非常に印象的なシーンでした。
そうはいっても、ちゃんと“Yes, we can”で落とす。

本編最後に、“精霊たちのえくぼ”。
聴いてる人の心に小波を立てるところが、この人のアーティストとしての強さなんだと思います。

この日のご様子。柴草さんのblog↓
http://shibakusa.exblog.jp/9211321/
ステージから逃げてるところとか普通ではないですね(笑)。

それにしても、今年は5月に種ともこさんのライブにて出演されてたときに
“ゴルゴ13の歌”“ホテルおぎくぼ”にやられてから、
随分、柴草さんのライブに行きましたが、どれも印象的でした。
どうもありがとうございました。

12/6 「lithograph.6」@新宿 naked loft [ライブ]

今年行った69本目のライブ。

Naked Loft 4th ANNIVERSARY
「lithograph.6」
南謙一 / 柴草玲 / 奥村大(wash?)

naked loftは歌舞伎町をずっと抜けて、
ほとんど新大久保に近い職安通りにあるライブハウスです。

風邪っぴきのままライブに行くと
どうにも元気なライブも受け付けないなと思ったこの日でした。

最初の南謙一さんという方はエレファントカシマシ(?)と
ばかりによく叫んで飲んでおりました。
あー、ごめんなさい。
元気がないと元気なものも受け付けられないもんだな、と(笑)。
元気があるときにまた聴いてみたいです。

柴草さんのほうは、どこかのお嬢様みたいに三つ編みを
頭に結いつける(と言ってもわからんな)ようなお姿で、
サングラス姿とはガラッと変わってちょっとびっくり。
学校の先生かと思わんばかり。
“オキナワソバヤのネエサンへ”なんかそうですが、
意外にコブシが効いてる曲が多いよなと思ったり。

何ゆえか自分のテンションが低すぎて、
ライブが終わってとっとと帰りました。
たまにはこんな日もあるさ。
美味しそうなものはたくさんあったんだけどなあ。

11/29 Quikion @ 下北沢 lete [ライブ]

今年行った68本目のライブ。

Quikion @ 下北沢 lete

Quikion are:
十時由紀子(vocal, concertina, etc.)
小熊英二(guitar, bouzouki, etc.)
佐々木絵実(accordion, glockenspiel, percussions, etc.)

なんだかんだと3ヶ月連続でquikion。
まだ、CD一枚も持ってないませんけれど。

Quikionの奏でるリリシズムとleteの雰囲気が
どう融合するのかが楽しみでしたが、
外の喧騒さえなければ、どこか知らない森の小屋なのではないか、
そんな錯覚さえ覚えずにはいられない感じです。

なぜ3ヶ月連続で来てしまっているのか、
正直自分でもよくわかっていません。
哀愁を思い起こすような森の奥の寂しいメリーゴーランド。
寂しさを忘れないための音楽でしょうか?
ライブが終わっても、妙な高揚感はなく、
どこか心の中を澄ましてくれるような、そんな感じがします。

この日のライブの様子をupされている方がいるのでリンクいたします。

http://www.asahi-net.or.jp/~mk7y-imed/qui081129.html

それにしてもleteはよくやっていけてるなあ、と思います。
せいぜい入っても25人くらいが満員。
料金は2500円くらいが平均といったところ。
1drink orderと考えると、1回のライブで5~6万の収入。
アーティストさんのギャラ・家賃などを考えると
ぎりぎりやっていけてるのかな、という感じでしょうか。
中途半端に大きくしてしまうよりは、
これくらいのほうが続けていけそうな、そんな感じがします。
手の届くようなこんなお店やってみたいものです。
とにかく雰囲気が◎です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

11/28 「柳家小春二人会」@ 高円寺 円盤 [ライブ]

今年行った67本目のライブ。

「柳家小春二人会」@高円寺 円盤
出演:柳家小春
お客様:a qui avec Gabriel

柳家小春さんは三味線で江戸の小唄・浄瑠璃などを歌われたのですが、
こういうものを聴いたのは何時以来だろうか…。
歌も素晴らしかったのですが、
小春さんのおしゃべりがとても美しかったのが印象的でした。
素人がなんといったらいいのかわかりませんが、
控えめでありながら、ゆるりと流れる感じがして、
何時間でも話を聴けてしまうのではないかという
引き込まれる魅力があるような気がします。
日本語って、こんなんだったのかという驚きのようなものです。

a quiさんのほうは初めてらしい(?)やや明るめの照明ありの演奏。
トークもちょっとありでしたが、慣れていないようで(苦笑)。
なぜ、暗くして演奏しているのかは語ってくれましたが、
暗いほうが雰囲気出るのでこれからも暗いままでお願いします(笑)。

セッションのほうも妙な組み合わせでしたが、
和洋の駆け引きというか、なんとも形容しがたい面白いセッションでした。

ちなみに、
柳家さん、a quiさん、円盤の店長田口さんは同い年なんだそうです。
へ~へ~へ~。

そして、帰りに
“吉田達也+外山明 drum duo”のDVDを購入。
まだ見てないけど、怪しそうです。

あと、休憩中に店内のテレビに流れていた
中川五郎さんのライブ映像@円盤にちょっと釘付けでした。
久しぶりにライブで聴きたいところであります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

11/22 笹野みちる デビュー20周年記念ライブ @吉祥寺 MANDA-LA2 [ライブ]

今年行った66本目のライブ。

笹野みちる デビュー20周年記念ライブ
~20年目は不惑で立つ!過去も未来もBe Here Now!!~

ゲスト:
- 手代木克仁(g)(ex.東京少年)
- 中村コメタロー(b)(ex.東京少年)
- 水上聡(key)(ex.東京少年)
- 有田さとこ(b)(京都町内会バンド
- 村田聡(pf)(京都町内会バンド
- 小関純匡(ds)

人生で初めて買ったCDは東京少年の“も~いいかい?”でした。
(ちなみに、意識的に歌の入った曲を聴くようになったのは
中島みゆきが最初です。)
当時は中学生~高校生だったのもあって、ライブに行くことも無く、
東京少年が解散してしまったのは実にショックなことでした。

過去、MANDA-LA2で人数が多かったなあと思ったのは、
なぎら健壱さんのライブで、年末のライブだったか、
それとも高田渡さんが無くなって2,3日後のライブだったか、
どちらか忘れましたが、あれでも80人位だったと思います。
ところが、この日は100人以上入っていたでしょうか。
(前売り券は確実に90番台まで出ていたようでした)
客席は前半分だけ椅子席にして、後ろ半分はスタンディング。
同じような年齢層の方々が多く
普段見慣れない方々も大変多かったです。
それだけ東京少年のこと忘れてない人、
青春時代を東京少年と過ごした人が多いのだなあ、と。

前置きが長くなりましたが、
第一部は京都町内会バンド、みちるんさとこ、
笹野さんのソロ(町内会バンドをやってる時期のソロ)
を織り交ぜながらの時間。

そして、東京少年のメンバー4人+小関さんでの第2部。
“ハイスクールデイズ”からスタート。
うは~、たまらん!
しかしながら、懐かしいという気持ちはそれほどなくて、
今聴いても古さを感じさせないところが
同じ時間を駆け抜けたということでしょうか。
さすがに“Shy Shy Japanese”はpop過ぎて
笹野さんも手振り身振りが恥ずかしそうでした(苦笑)。
聴きたい曲は山ほどありましたが、ほんとにいい時間でした。
笹野さんがよく歌う気になったな、というのが正直な感想です。
町内会のときとはまた違った明るい笑顔が印象的でした。

第2は“陽のあたる坂道で ”締め、
アンコールにはフルメンバーで“Go! Go! HARAPPA”

これで、東京少年のライブにいけなかった無念さは
成仏したかと思います(笑)。

再結成は望まないけど、
京都方面のファンのためにもう一度やっても
よかったんじゃないかなと思います。

いい20周年でした。
これからもゆるりと走り続けてください。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。