So-net無料ブログ作成
CD/音楽 ブログトップ
前の10件 | -

ようつべ :Era / Sailing Stone (Live at FJ's) [CD/音楽]

2010年5月、深町純さんのお店、中目黒FJ'sのライブ。

このライブ行ったけど、やっぱりERAすばらしい。
Sailing Stoneは聴いてると、むなしい気分もどっか吹き飛ばしてくれそうな気分にさせてくれる。

この動画で残念なところは、
「ペダル王国」(命名by高橋利光さん)こと、
バイオリン壷井さんの足元の機材の多さがわからないことだ(笑)。


忘れられた舟/ERA [CD/音楽]

http://tsuboy.internet.ne.jp/tkduo/index.html

・violin 壷井彰久(KBB, Pochakaite Malko etc)
・guitar 鬼怒無月(Bondage Fruits, Salle Gaveau etc)
によるデュオ ERA。
その4枚目のアルバム「忘れられた舟」は3/5発売ですが、
先週先行発売で入手したわけで。

私の人生の中で1番の好きなアルバムです、と言っても過言じゃないです。
深みにはまるし、隙を感じない。かといって、息苦しいわけでもないのよ。
内容が良すぎです。
こんなアルバム作って、次どうすんですか。

今週日曜のライブいけないのが惜しい・・・。

ジャケットもすばらしい。

[お知らせ] 12/14 原田博行 with SIESTA 師走のライブ@東京 青山 [CD/音楽]

秋に青山ティーファクトリーにて行われた「原田博行 with SIESTA」のライブ再びであります。

語り弾きスタイルで歌い続けるシンガーソングライターの「原田博行」
バイオリンとアコーディオンでフランスの街角を再現する「SIESTA」

この2つの世界が出会って誕生したユニット
「原田博行 with SIESTA」がお届けするのはとても不思議な
「フレンチフォーク?」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~SIESTA/frenchfolk/

平日の夜ではありますが、忙しい手を少し休めて
音楽と紅茶をお楽しみくださいませ。
(要予約になります。)

○12/14(月)原田博行 with SIESTA @ 東京 青山ティーファクトリー
場所:青山ティーファクトリー(地下鉄 銀座線外苑前駅徒歩2分)
   (東京都港区南青山2-12-15 南青山2丁目ビルB1)
http://www.a-teafactory.com/index.shtml
時間: 19:00 オープン / 19:30 スタート
料金: 3000円(紅茶・軽食付き)
要予約:電話もしくはメールにて、お名前と人数をお伝えください。
電話  03-3408-8939(青山ティーファクトリー)
メール siesta@mva.biglobe.ne.jp
備考:要予約になります。

youtubeにプロモーションビデオ等もございますので、
「原田博行 シエスタ」で検索してみてくださいませ。

sony walkman NW-A846 [CD/音楽]

091107_0042~001.jpg

10/31に10月に出たばかりのwalkman NW-A846をちょっと衝動的に買いました。
3年ぶりの買い替えです。まあ、自分の誕生日プレゼントってことで。

3年前のは、NW-S706Fで4Gメモリでしたが、
今回買ったものは32Gメモリです。
PCのライブラリは200G(4000曲以上)あっても、
ごく一部の曲しか持ち出さないので、walkman4Gメモリを使い切ったことはなく、
今回は32G埋まるのでしょうか?といったところです。
もうひとつ上の64G(NW-A847)はとても埋めきる自信はなく、32Gを選択したというわけです。

今回出たwalkmanはSシリーズも出て、小さくてかさばらないSシリーズがいいかなと迷いましたが、
デジタルアンプを搭載しているAシリーズのほうが音がよかったのでこちらにしました。

音の違いは、なんとなくですが、
・Sシリーズ→低音中心にこってりしたかんじ。Heavy Metalなどにはいいでしょう。
・Aシリーズ→素直にクリアな音質。アコースティック系の音がいい響き。
といったところです。

イコライザ等でいろいろ変えられるので、そういうところもひとつの楽しみだと思います。
NW-A846を聴く限りでは、こういう小さい機器でも
「こういう繊細な音も入っていたんだ」という驚きがあり、すごいなあ、と思います。

家では、PC→サウンドカード→DR.DAC2(D/Aコンバーター)経由で聴いてますが、
負けてないなあ、と思います。

sonyのノイズキャンセリング搭載のウォークマンは
付属のもの以外のイヤホンの選択が事実上無いのがひとつの欠点かもしれませんが、
付属しているもので私は不満は無いです。

youtubeの映像を映像も入れてみましたが、
Sシリーズよりも大画面でよかったなあ、と思います。

いろいろ詰めてみてもまだメモリの残りが25Gあり、さてどうしたものでしょう。
ゆっくり詰めるとしますか。

区別 [CD/音楽]

どうもつじあやの奥華子を混同していたらしい。
どっちもじっくり聴いたことありません。

なんかメガネでキャラかぶってない?
気のせい?
とりあえず、ウクレレの人はつじあやのさんと認識(違ってる?)

She's A Rainbow
6/14 つじあやの×遊佐未森
のチケ購入。1階だけど、後ろのほう。通路側なのは幸い。
音がいいところで聴ければ近い必要は無い(むしろ、近すぎると大抵いい音に聴こえないような気がする)。

ライブ(コンサート)にチケット代4000円以上出したのはいつ以来だろうか。
1年ぶり位?そのときも遊佐さんののライブだったと思う。
大きい会場にこの値段はどうなんだろう?
と思ったりするけど、小さいライブハウスとはまた違う仕組みだろうし、
同じ土俵で(チケ代について)語れないんだろうなあ。

この値段になると、〝試しに聴きに行く〟というわけにはいかない。
CDやメディアから入っていくのではなくて、
ライブから入っていける音楽のほうがいいだろうに、と思えど、大抵は前者なんだろうなあ。

グローブ座という会場が写真を見る限りでは外国のオペラハウスみたいな感じなので楽しみです。

[YouTube] 原田博行 with SIESTA 2009.3.20@京都 おやつ新報 [CD/音楽]

おや、原田博行 with SIESTAの映像があがってるじゃあーりませんか。

このライブは京都の二条を西のほうに行ったところにある、
おやつのアトリエおやつ新報での3/20のライブです。

フレンチ+フォーク≒フレンチフォーク?

な世界を拓きつつある3人ですが、今回はどちらもしっとりとした感じの2曲です。
3人として始まった当初はフォーク色が強いものでしたが、
こうして聴いてると、しっかりとした独自の空気出てるなあ~という気がします。

どういう人たちをターゲットにすると売れるのかなあ。。。





アトリエの〝だまらせサブレ〟はすごく濃くて美味しかったです。
また食べたいなあ~、食べたいよう~。

[YouTube] Bondage Fruit 2009.4.20@秋葉原 club goodman [CD/音楽]

私も行ったBondage Fruit 2009.4.20@秋葉原 club goodmanの
ライブの映像がポセイドンの方によりupされていたので紹介します。

鬼怒さんがソロライブのとき〝地上のどこの国でもない国の民俗音楽のカバー〟と
言っていたとおもうのですが、確かにそれがこのバンドを表す説明としてすんなりするような気もします。
静と動のコントラストがすばらしく、緊張感にただ唸るばかりです。

どうでもいいですが、映像の中央下は私の頭のような気がする・・・。

・ Frost and Fire
15分くらいあるので2分割されています。
高良さんは左奥でドラムを叩いているので映像ではちと見えません。
3分くらいから鬼怒さんのギターが炸裂し、
その後の静かな展開からクライマックスへと流れる展開がたまりません。






・Minus1
キャッチャーな感じで入っていく感じもまたすばらしく。


[YouTube] KBB in Gouveia art rock 2009 [CD/音楽]

今年 5/1-3に開催されたポルトガルGouveia art rock 2009には
日本から、KBBと高円寺百景が参加。

映像はKBBの〝stratosphere〟の一部。
KBBの映像は他には見当たらないので、実に貴重です。
フロントマン壷井さんの相変わらずの弾きっぷり。



他には、FOCUSやCalifornia Guitar Trioなどが参加したようですね。
日本でもこんなのはないのだろうか・・・・。

PV: ENCHANTE by 原田博行 with SIESTA [CD/音楽]



ATELIER SIESTAから新作〝ENCHANTE〟
原田先生のフランス語、がんばった!(笑)
きっとSIESTAのお二人の駄目だしに耐えながらの音録りだったのではないだろうか(笑)。

「ポンポンズ」(ポン・マッカーニ&ポン・マッサオーネ)
+犬の 「ポン・マッシロ」の出演による踊りがキュートですね。

この3人(もちろん、原田博行 with SIESTA)は
だんだんと自分たちの世界をはぐくんでいるようで今後も楽しみです。
このPVは3人によるFRENCH FOLK?の世界にようこそ!と誘うには
かなりイイ出来だな~と思います。



PV:原田博行 with SIESTA 〝bise!〟 [CD/音楽]

原田博行 with SIESTAから新作PVのご紹介。

ATELIER SIESTAから
新キャラクター「ポンポンズ」(ポン・マッカーニ&ポン・マッサオーネ)が主演。
フランスでの別れの挨拶を歌ったものだそうです。
男と女、女同士はほっぺたをポンポンズのように合わせて、〝またね!〟とするのだそう。
男同士では普通はやらないとのこと。

頭のぽんぽんが可愛く感情を表現しているようで面白いですね。
ポンポンがお花のようでシンプルながらも明るく温かい感じがいいですね。
片足上げているところなんか、撮影がけっこう大変そうです(笑)。


前の10件 | - CD/音楽 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。